スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【王位戦】甲斐女流王位が現役A級の深浦九段を破る

今週は月曜日に羽生王座防衛、火曜日に都成三段が新人王戦優勝、水曜日に香川女流二段が里見さんを破って女流王将奪取と大きなニュースが続きましたが、昨日の甲斐さんの勝利はそれらを上回るインパクトがあると思います。

なにしろ勝った相手があの深浦九段ですからね。現役のA級棋士で竜王戦は1組。王位戦3連覇、七番勝負で羽生善治を二年続けて退けた「元王位」ですよ。今期のA級順位戦でも渡辺竜王を倒している。その深浦さんが女流棋士に敗れるとは・・・

女流棋士が現役A級棋士を破った例としては、2003年のNHK杯、中井広恵女流vs青野照市九段戦があります。女流ではないですがアマチュアの瀬川さんが現役A級の久保さんに銀河戦で勝ったこともありました。その2つは早指し棋戦でしたが、今回は持ち時間4時間の長い将棋なので凄いことだと思います。

将棋は先手甲斐女流王位の石田流に深浦九段の居飛車でした。角交換してから後手は△9四角と打って先手の飛車を抑え込みにいきましたが、打った角が逆に狙われて働きがイマイチに。
20131024甲斐深浦
中盤で後手が少し苦しい展開だったと思います。端(1筋)を詰めたところは先手優勢。終盤は熱戦となりましたが、甲斐さんが最後までリードを守り切って勝ちました。深浦さんに大ポカがあったわけではなく、堂々とがっぷり四つで勝ち切った将棋でした。

ここ2~3年の女流棋界は里見さんの一強という感じでしたが、今年に入って甲斐さんが女流王位奪還、香川さんが女流王将を奪取し、再び混戦模様になっています。そして、里見さんは奨励会二段で三段リーグまであと少しという状況。里見さんを中心に女流全体のレベルが上がってきています。今回の甲斐さんの勝利はそのことを示す出来事だったのではないでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/25 07:00 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL