スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3期女流王座戦第1局 加藤先勝

リコー杯女流王座戦中継ブログ
女流王座戦の五番勝負が昨日から開幕しました。

女流棋戦で奨励会員同士の番勝負は今回が史上初となります。加藤桃子女流王座は関東奨励会の1級。挑戦者の里見香奈女流三冠は関西奨励会の二段。奨励会では2段と1級は香落ちの手合いになりますが、今回は平手戦です。普通に考えれば上位者の里見さんのほうが期待勝率は高いですが、力の差は紙一重なので結果はどちらに転ぶか分からないと思います。

棋譜→2013年10月26日 第3期リコー杯女流王座戦五番勝負 第1局 加藤桃子女流王座 対 里見香奈女流三冠

第1局は里見女流三冠の先手で石田流。対して後手の加藤女流王座は居飛車左美濃で対抗しました。
△6三銀(28手目)に▲6五歩△同歩▲同銀と仕掛けて戦いが始まりました。この局面は前例がないですが、1筋の交換があれば▲久保△渡辺戦と同じ進行。前例は7八の金取りを6九角と受けていましたが里見さんは▲6七角と手を変えました。

仕掛けたあたりは振り飛車もまずまずという感じでしたが、加藤女流王座の△2三銀打(48手目)~△4五金が手厚く後手がリードを奪いました。
20131026里見加藤1

67手目飛車取りに桂を打たれたところでは、飛車を逃げずに▲3四桂と勝負したほうが良かったようです。本譜は6七にできた"と金"が大きく居飛車が優勢に。以下後手が着実にリードを広げて快勝となりました。

里見さんは女流棋戦での負けが続いているのがちょっと心配ですね。第2局以降の巻き返しに期待したいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/27 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL