スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 羽生三冠vs木村八段

名誉NHK杯の羽生三冠が登場ということで楽しみにしていたファンも多かっただろう。対戦相手は「千駄ヶ谷の受け師」木村一基八段。過去の対戦成績は羽生三冠が23勝9敗と大きくリードしている。この2人は番勝負でも何度か対戦経験があり、2回戦で当たるのはもったいない好カードだ。

羽生三冠が先手で戦型はノーマル角換わり腰掛け銀になった。後手は△7四歩保留の専守防衛型。
20131027羽生木村1
△1二香(42手目)をみて、羽生三冠は4八の飛車を2八に戻した。飛車の動きで手損しているが、△1一玉と穴熊に潜ればそこで2筋の玉頭方面から攻める。後手は穴熊に潜るのは危険とみて△7四歩。対して先手は▲4五歩△同歩▲3五歩と仕掛けた。

後手の木村が先手の攻めを受けるという棋風どおりの展開に。
▲2五桂(67手目)に木村八段は金を逃げずに△7五歩と強く攻めあう。▲1三歩△同香▲同桂成△同玉▲3一角には△1二玉で耐えているということか。しかし、今度はB面攻撃で▲5六香(75手目)と打たれて先手の攻めが続いた。
20131027羽生木村2

後手も銀捨ての勝負手で粘ったがこれでは辛い。流石の受け師でも受け切れなかった。

最後は後手玉を長手数の即詰みに打ち取って羽生三冠の勝ち。詰まさなくても先手勝ちだったが、これぐらいの詰みはプロ的にはそんなに難しくないのだろう。

一局を振り返って印象に残ったのは、65手目▲4七銀と一旦受けたところと、75手目の▲5六香。一直線に攻めるのではなく、緩急自在なところが羽生さんらしいと思った。

放送の途中でデータが出てきたが羽生三冠のNHK杯通算成績は対局前の時点で91勝17敗、勝率8割4分。この将棋に勝って92勝17敗ですか。凄い成績ですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/28 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL