スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第26期竜王戦第2局 往復ビンタ再び

竜王戦中継Plus
棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第2局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人

挑戦者・森内名人の先勝で迎えた第2局。
渡辺竜王の先手で戦型は矢倉になった。対して後手の森内名人が選んだ作戦は△5三銀右の急戦矢倉。第1局、後手の渡辺竜王が使った作戦だ。同じ戦型で先後両方持って勝てばいわゆる「往復ビンタ」ということになる。そういえば春の名人戦も相掛かりで「往復ビンタ」を食らわせて連勝スタートでしたね。

29手目が作戦の分岐点。第1局は▲6八角と引いたが、本局渡辺竜王は▲7五歩を選んだ。この▲7五歩もよく指されている将棋。△3一玉(34手目)は2008年の竜王戦第6局で渡辺竜王が指した新手。昨年の名人戦第3局も同じ形だったが、そのときは37手目▲7六歩に△3三銀と上がっていた。(結果は先手森内の勝ち)本譜は△3三桂。この桂跳ねは端が弱くなるデメリットがある。渡辺竜王は▲1六歩~▲1五歩と伸ばして弱体化した端に狙いをつけた。

△3四飛(50手目)に対して渡辺竜王の封じ手は▲1八飛だった。▲1四歩からの飛車交換を含みにしているが、結果的には飛車交換が成立していなかったのでこの手は疑問だったかもしれない。

20131029渡辺森内1
竜王は▲1四歩(61手目)に△同飛と取られるのをうっかりしていたようだ。
20131029渡辺森内2
飛車交換の後、先手は角を切って攻め込むが△3三銀(78手目)で受かっている。攻防の△1八飛(86手目)が入って攻めが完全に切れてしまった。

▲6五歩の銀取りには△6九銀(92手目)が厳しく、以下後手の攻めが続いて森内名人の勝ちとなった。

第1局に続いて急戦矢倉で「往復ビンタ」を食らわせたことになった。ここまで2局森内名人の強さが際立っている。その一方で渡辺竜王はらしさが出ていない。渡辺竜王は毎年秋になると調子を上げてくるが、今月は1勝4敗(収録済みのNHK杯を除く)と不振。今日の将棋も△1四同飛をうっかりしたところに不調を感じる。1つ勝てば3連敗4連勝のときのように流れが変わるとは思うが、今の森内名人の充実ぶりをみるとちょっと厳しいかもしれない。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/30 07:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL