スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期A級順位戦5回戦 羽生三冠5連勝

昨日は竜王戦第3局1日目の他に、A級順位戦▲屋敷九段vs△羽生三冠戦と▲谷川九段vs△郷田九段戦がありました。

4連勝で首位を独走する羽生三冠と屋敷九段の対戦。屋敷九段はこれまでA級順位戦の先手番で11戦負けなし。B1時代も合わせると17連勝中という記録を持っています。一方で羽生三冠は屋敷九段相手に13連勝中。通算では18勝2敗と大きく勝ち越している。こちらも「不敗神話」と言える凄い記録です。どちらの連勝記録が止まるのか注目の一番となりました。

屋敷九段の初手▲7六歩に羽生三冠は2手目△3二金!。羽生さんが公式戦で2手目△3二金を採用するのはこれが3度目のようですね。2手目△3二金は振り飛車にされたときにやや損な手。居飛車党の屋敷九段に飛車を振ってみろと挑発しているとも言えます。しかし、屋敷九段は挑発には乗らず▲7八金から居飛車を選択。結局後手の一手損角換わりになりました。

先手の早繰り銀に後手は玉を固めて専守防衛、カウンター狙いという作戦。先手は7八に上がった金を6八に寄せてから▲7八玉と囲いました。ただ、この金の動きは手損。
夕休明けの局面(47手目)は金銀が上ずっているので先手を持ちたくないですね。△7三桂から先攻して後手が優勢になりました。
20131107屋敷羽生

終盤先手も反撃しましたが、後手玉が堅く届きませんでした。終わってみれば羽生三冠の圧勝。玉形の差がそのまま出たような将棋でした。これで羽生三冠は5連勝。名人挑戦はほぼ当確という感じですね。

もう1局、▲谷川△郷田戦はノーマル角換わり腰掛け銀でした。後手の専守防衛策に先手が▲1八香と上がる最新形に進みました。45手目▲1九角と一番下から角を打つのが最近の流行。谷川九段は3回戦の屋敷戦でもこの形を指しています。
20131107谷川郷田
先手の谷川九段が攻める展開になりましたが、攻めあぐねて後手ペースに。終盤は後手が決めきれずに長引きましたが、最後は郷田九段が勝ち切りました。

敗れた谷川九段は1勝4敗。得意の先手番で勝てなかったのは痛いですね。残り4局残留に向けて厳しい戦いになりそうです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/08 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL