スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JT杯決勝 久保九段vs羽生三冠

棋譜→2013年11月10日 「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」 決勝戦 東京大会 久保利明JT杯覇者 対 羽生善治三冠

昨日は東京ビックサイトでJT将棋日本シリーズの決勝戦、久保利明JT杯覇者対羽生善治三冠戦がありました。去年の決勝に続いて2年連続の顔合わせです。

久保九段が先手で▲5六歩△8四歩▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲8八飛の出だしから向飛車になりました。先手の美濃囲いに後手は銀冠。▲8六歩△同歩▲同角から動いてまずは先手が主導権を握りました。

20131110久保羽生1
角を交換してから先手は5一に角を打って打開しにいきました。△6二銀なら4二の金と刺し違えて手を繋げるのでしょう。本譜は△7二飛に▲8五歩から桂交換に。続いて▲6四歩と垂らしましたが△5二金と寄られて簡単には決まらない。このあたり先手が攻めあぐねて徐々に後手ペースになったように見えました。7八と5八に歩を受けたところは少し苦しそうな形。

終盤、後手は△1五歩(102手目)から端攻めに出ます。△1七歩と垂らされて先手玉は嫌な格好ですが、▲2九銀~▲1九歩と受けて辛抱。
△5八馬と寄られて先手玉は狭くなりましたが、▲1五金!(133手目)がありました。
20131110久保羽生2
1六の香車を外してしまえば先手玉は広く寄らない。この金打ちが勝利を呼び込む一手となりました。

最後は▲3三成桂に△1四玉と逃げていればまだ分からなかったと思います。本譜は△3三同玉に▲6六馬が攻防の王手で先手玉が寄らなくなり久保九段の勝ち。155手の大熱戦でした。

序中盤の駆け引きから終盤の攻防まで見ごたえのある名局だったと思います。久保九段の振り飛車らしい粘りが光った一局でした。
久保先生、連覇おめでとうございます!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/11 07:30 ] JT杯将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL