スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 大石直嗣vs行方尚史

A級棋士の行方尚史八段に関西若手強豪の大石直嗣六段が挑んだ一局。

大石六段が先手で▲7六歩△8四歩▲1六歩△3四歩▲1五歩△8五歩▲2二角成・・・の出だしからダイレクト向飛車になった。大石六段は先後問わずダイレクト向かい飛車を得意としていて本も出している。
ダイレクト向かい飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

▲8八飛に△4五角は▲3六角と合わせて大丈夫。行方は角を打たずに玉の囲いを優先させた。

先手は片美濃に囲ってから▲8六歩△同歩▲同銀の逆棒銀に出た。
銀取りの▲7五歩に対し、後手は銀を逃げずに△8五歩。これに▲8五同桂もあったと思うが、大石は▲同銀と取って飛車、銀の総交換になった。

20131117大石行方1
互いに敵陣に飛車を下ろしてから、後手は狙いの△4八銀。▲同金△3九角には▲3七玉で金に紐がついているので大丈夫そうに見えるが、そこで△8五飛成!▲同飛成△4五桂がある。よって大石は△4八銀に▲7九銀と埋めたがこれでは辛い。この局面は行方が優勢になっている。

20131117大石行方2
ところが、▲8八歩と飛車馬を封じ込めた手に対し、行方は△同馬!と取ってしまう。8九の飛車が竜ならば7八の金を取れるのだが、これはタダ。プロの将棋でもこういうポカがあるのか・・・

△8八同馬を境に形勢は逆転。後手は攻めが切れてしまった。以下、大石六段が着実にリードを広げ77手で中押し勝ち。行方八段にとってかなりショックな敗戦となってしまった。

自分だったら感想戦なしで即帰りたいくらい辛い負け方だが、テレビなのでそういうわけにはいけない。感想戦によると直前まで4九に銀がいたので錯覚したようだ。ため息をつきながら「こんなことやったのは初めてです。自分もこういうポカやる年になっちゃったんだ。将棋は残酷なゲームですね・・・」とボヤいていましたね。行方さんの人間臭さが伝わってくる感想戦だった。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/18 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL