スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第26期竜王戦 森内名人9年ぶりの竜王復位

一昨日から昨日にかけて行われた竜王戦第5局は挑戦者の森内俊之名人が渡辺明竜王を破り、4勝1敗で竜王位を奪取。渡辺竜王の竜王戦連覇記録は9でストップしました。

棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第5局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人
森内名人の3勝1敗で迎えた第5局。戦型は相矢倉になりました。今期は5局全て矢倉の「矢倉シリーズ」でしたね。
本局は▲4六銀・3七桂の定跡形に進みました。

45手目、森内名人は宮田新手の▲6五歩ではなく▲2五桂を選びました。先後を変えて第4局と同じ形です。森内名人はまた往復ビンタを狙おうとしているのか。
59手目▲4四歩までは定跡手順。そこで△4四同金か△4五馬の2つ選択肢があります。第4局後手の森内名人は△4五馬と銀を取りましたが、本譜後手の渡辺竜王は△4四同金。以下▲7一角△4三金引に▲5七金が名人の用意してきた新手でした。馬を引いてくれれば先手の得ですが、竜王は強く△同馬と取りました。
20131129森内渡辺1

72手目△6九銀で封じ手。この時点では後手の攻めがうるさそうに見え、解説も後手持ちという見解でした。
しかし、ここから森内名人が強靭な受けを見せます。まず▲6八金から馬を自陣に引きつけて、▲7九金と貼り付けて自陣を補強。これで先手玉は寄らなくなりました。

20131129森内渡辺3
続いて▲5七角(87手目)~▲4八歩。この角打ちは受けだけでなく攻め(次に▲2四角)もみています。形勢は先手に傾きました。

対して竜王は△6七香~△5七銀と食いつきます。次に△6八銀不成が詰めろ。これは先手も少し嫌な格好に見えましたが・・・

20131129森内渡辺4
▲3三桂打(99手目)~▲2一竜(105手目)が好手順でした。▲2一竜が詰めろなので後手は△3一金打と受けるしかないですが、金を一枚使わせたことで先手玉が安全になりました。この手順は思いつきませんでしたね。先手玉に詰めろが続かず、一方後手玉は▲5三銀が厳しく寄り。以下は差がついて森内名人の勝ちとなりました。

森内名人の持ち味である受けの強さが存分に発揮されたシリーズだったと思います。本局もそうでしたが、名人の鉄板の受けの前に渡辺さんが終始攻め急がされている感じでした。

竜王戦で渡辺さんに4-1、そして春の名人戦では羽生さんに4-1、現時点では棋界最強と言っても良いのではないでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/30 09:18 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL