スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯3回戦 広瀬章人vs村山慈明

先手の広瀬章人七段は現在順位戦B級1組で7勝2敗、一方後手の村山慈明六段もB級2組で6勝1敗と好成績を残している。20代若手強豪同士の対戦ということで楽しみにしていたのだが、将棋は意外な幕切れとなった。

広瀬七段が先手で▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成の出だしから一手損角換わりになった。2人の過去の対戦はすべて相穴熊で、相居飛車になるのは今回が初めてだ。相腰掛け銀で先後共に4筋(6筋)の位を取る形に進んだ。先手の仕掛けに対して後手が反撃して難解なねじり合いに。

終盤まで形勢が揺れ動く大熱戦になった。先手が勝ちに近づいたのだが・・・
20131208広瀬村山

△5九飛(114手目)の局面、後手玉は▲3二銀成以下簡単に詰んでいる(7手詰め)。しかし、広瀬七段はこれを見逃し4三に銀を打ってしまう。以下△4三同金▲同銀成△7九角以下先手玉が詰んで村山六段の逆転勝ちとなった。

村山六段もこの詰みには気づいていなかったようで、感想戦で指摘されて驚いていた。

終盤に強い広瀬さんが簡単な7手詰めを見逃すとはびっくり。今年のNHK杯はこの前の行方さんの△8八馬とか事件が多いですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/09 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL