スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期順位戦C級1組7回戦

昨日はA級順位戦の郷田深浦戦とC級1組7回戦がありました。

郷田深浦戦は郷田九段の先手で横歩取りでしたが深浦九段の勝ち。後手が先攻してペースを握りそのまま押し切ったという将棋でした。敗れた郷田九段は2勝4敗、勝った深浦九段は4勝2敗となりました。今までA級では何度も頭ハネを食らった深浦先生ですが、今年はさすがに残留できると思うんですが、どうなるでしょうか。

C1の7回戦も行われました。結果は以下の通りです。

小林 健二九段(3勝4敗)●-○日浦 市郎八段(4勝3敗)
菅井 竜也五段(6勝1敗)●-○斎藤 慎太郎五段(4勝3敗)
土佐 浩司七段(2勝5敗)●-○大平 武洋五段(3勝4敗)
福崎 文吾九段(4勝3敗)●-○片上 大輔六段(4勝3敗)
佐藤 秀司七段(3勝4敗)○-●塚田 泰明九段(1勝6敗)
小林 裕士七段(3勝4敗)●-○富岡 英作八段(3勝4敗)
阪口 悟五段(4勝3敗)○-●阿部 健治郎五段(3勝4敗)
近藤 正和六段(3勝4敗)●-○佐々木 慎六段(6勝1敗)
糸谷 哲郎六段(7勝0敗)○-●千葉 幸生六段(4勝3敗)
高野 秀行六段(3勝4敗)○-●平藤 眞吾七段(1勝6敗)
加藤 一二三九段(1勝6敗)●-○金井 恒太五段(4勝3敗)
高崎 一生六段(6勝1敗)○-●真田 圭一七段(4勝3敗)
脇 謙二八段(4勝3敗)○-●北島 忠雄六段(4勝3敗)
長沼 洋七段(4勝3敗)○-●宮田 敦史六段(3勝4敗)
桐山 清澄九段(1勝6敗)○-●浦野 真彦八段(2勝5敗)
船江 恒平五段(5勝2敗)●-○中村 太地六段(6勝1敗)
田中 寅彦九段(2勝5敗)●-○神谷 広志七段(2勝5敗)

全勝の菅井竜也五段は同じ関西の斎藤慎太郎五段との対戦でした。菅井五段の先手中飛車に居飛車が角交換する形に。中盤▲5五歩の仕掛けが成立するかどうかがポイントとなりましたが、結果は後手良し。66手の短手数で斎藤五段の快勝となりました。

1敗同士の▲船江△中村太地戦は相矢倉のねじり合いを制した中村六段の勝ち。船江五段は2敗となって昇級戦線から後退です。

昇級争いは全勝の糸谷六段(9位)が単独トップ。続いて1敗で佐々木慎(4位)、中村太地(10位)、高崎一生(20位)、菅井竜也(28位)の4人が追う展開。C1の昇級枠は2つしかいないので、このまま糸谷、佐々木が1敗以上をキープすると中村六段以下が9勝1敗でも頭ハネを食らうことになります。ラス前に糸谷高崎戦、そして最終10回戦に中村太地と菅井竜也の直接対決があるんですよね。この2局が昇級争いを大きく左右する将棋になりそうです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/18 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)
深浦さんは、前期も残留できたじゃないですか。
[ 2013/12/18 08:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL