FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39期棋王戦挑決二番勝負第1局

昨日は棋王戦挑戦者決定戦の第1局、三浦弘行九段対永瀬拓矢六段戦がありました。
三浦九段は勝者組。対する永瀬六段は準決勝で羽生三冠を倒し本戦決勝では三浦九段に敗れたものの、敗者復活戦で羽生三冠を再び破って挑決に進出してきました。

棋譜→第39期棋王戦挑戦者決定二番勝負 第1局 三浦弘行九段 対 永瀬拓矢六段
戦型は永瀬六段が先手で矢倉模様の出だしに。対して後手の三浦九段は△5三銀右急戦から雁木。矢倉というよりも相掛かりに近い力戦調の将棋になりました。

先手の▲3五歩の仕掛けに対し後手は△4五歩と突いて厚みを築きます。このあたりは後手の三浦九段の模様が良いという評判。△7三桂から攻勢を取れて後手不満なく見えたのですが・・・

20131224永瀬三浦
▲7六金(71手目)と力強く上がった手が押さえ込みの好手だったようです。後手は△5六歩▲7四歩△6五桂▲7三歩成△8六飛以下飛車を切って攻め込みましたが、永瀬六段の強い受けの前に攻めが途切れてしまいました。

115手で永瀬六段の勝ち。永瀬さんの持ち味である受けの強さが存分に発揮された将棋だったと思います。
これで挑戦者の行方は第2局に持ち越されることになりました。第2局は年明け1月7日に行われます。永瀬さんのタイトル初挑戦なるか注目です。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/25 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL