スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39期棋王戦挑戦者決定戦第2局

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、昨日は棋王戦挑決二番勝負の第2局がありました。勝ったほうが挑戦者となる大一番です。
棋譜→第39期棋王戦挑戦者決定二番勝負 第2局 三浦弘行九段 対 永瀬拓矢六段
永瀬六段が先手で戦型は横歩取りになりました。

中盤、▲6六角(47手目)と両取りをかけて馬を作ったところ、控室では「先手持ち」の評判でした。ここで三浦九段は△9二角(50手目)の勝負手を放ちます。
20140107永瀬三浦
この角が働くかどうかが勝負のポイントに。ここで永瀬六段は▲5六香と受けましたが、▲5六歩も有力だったかもしれない。本譜はこの後、9二の角が働く展開になって後手が盛り返しました。

しかし、永瀬六段の粘りに三浦九段が攻めあぐねて形勢は再び先手に。
121手目の局面は先手が勝ちになったと思われたのですが・・・

20140107永瀬三浦2
▲4四香△同飛に▲同馬(123手目)と取った手が敗着。永瀬六段は後手玉が詰むと思っていたのでしょうか?後手玉に詰みはなく、急転直下三浦九段の勝ちとなりました。戻って▲4四同馬では▲4五香のほうが良かったようです。

羽生三冠に2連勝する活躍をみせた永瀬六段ですが、惜しくも挑戦ならず。この悔しさをバネに次こそはタイトルに挑戦してほしいと思います。

三浦九段は2010年の名人戦以来約4年ぶりのタイトル挑戦となります。渡辺vs三浦の対戦成績は渡辺二冠が10勝3敗と大きくリードしていますが、今期の渡辺さんは成績が伸びてないので三浦九段にもチャンスは十分あると思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/08 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL