スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63期王将戦七番勝負第1局

渡辺明王将に羽生善治三冠が挑戦する王将戦七番勝負が開幕しました。この2人が番勝負で顔を合わせるのは昨夏の棋聖戦以来です。棋聖戦は渡辺さんが奪取すれば四冠という戦いでしたが、1勝3敗で敗退。その後竜王も失って二冠に後退してしまいました。この王将戦にも敗れると一冠、棋王戦の結果次第では無冠の可能性もある。渡辺二冠にとって今回の王将戦は正念場といえます。

第1局は渡辺王将が先手で相矢倉になりました。▲4六銀・3七桂で▲6五歩(宮田新手)を突かずに▲2五桂と跳ねる将棋に進みました。昨年末の渡辺vs森内の竜王戦第4局、第5局でも指された定跡形です。68手目は△4四歩か△4四馬の2通りあって、竜王戦第4局で森内名人は△4四馬と指しましたが、本譜羽生三冠は△4四歩を選択。羽生三冠は昨年12月の棋王戦敗者復活戦(▲永瀬△羽生戦)でもこの△4四歩の将棋を指しています。

20140113渡辺羽生1
▲6六桂(87手目)は永瀬羽生戦で永瀬六段が指した新手。永瀬羽生戦は▲6六桂以下△4三金▲7四桂△6九銀・・・と進みましたが永瀬六段が勝ちました。そこで本譜は単に△6九銀。この手は永瀬羽生戦の感想戦で有力とされていた手です。

20140113渡辺羽生2
後手の二枚飛車の利きが強く、先手が攻めを繋げるのは難しそうに見えましたが▲7二銀(103手目)と捨てる手がありました。△同飛▲8三角△7一銀▲7二角成△同銀に▲2三銀と再びタダ捨て。渡辺王将得意の細い攻めが繋がりそうな雰囲気に。

対して後手は△4五歩(114手目)から反撃に転じ先手玉を寄せにいきましたが、羽生三冠に見落としがあって先手勝ちになりました。△8五桂(122手目)では△5五角と引けばまだ難しかったようです。
20140113渡辺羽生3

この形、またどこかで指されると思いますがどういう結論になるのか。竜王戦のときみたいに先後変えて同じ形がまた出てくる可能性もあるでしょうね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/14 19:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL