スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63期王将戦七番勝負第2局

王将戦中継ブログ

渡辺王将が先勝して迎えた第2局。羽生三冠が先手で初手▲2六歩から相掛かりになりました。私の予想は矢倉か角換わりだったので相掛かりは意外でしたね。

先手の引き飛車棒銀に対して後手が飛車を四段目に引くか、五段目かがまず一つ目の分岐点。渡辺王将は△8五飛を選びました。△8四飛型よりも積極的な指し方です。▲3六銀には△8三銀~△7四銀とこちらも棒銀で対抗しました。ただし、一直線に攻め合うのではなく、棒銀でけん制しながら先手の駒組みを制限するような指し方。先手は一歩得したものの角が使いにくい展開になりました。

45手目▲7七桂はその角の活用が難しくなるので良くなかったようです。代えて▲5六歩のほうが良かったと局後の感想にあります。本譜は徐々に後手が指しやすい形勢になりました。

△9五歩(60手目)の仕掛けから後手の攻めが炸裂して渡辺王将が優勢に。終盤は羽生三冠が追い上げたように見えましたが、差は縮まらず渡辺王将の快勝に終わりました。

今日の将棋は羽生三冠からするとかなり不本意な内容でしょう。ただ、このまま終わるとは思えないので第3局以降の巻き返しに期待したいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/25 08:31 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL