スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期A級順位戦8回戦 羽生三冠敗れるも挑戦決定

昨日はA級順位戦「ラス前」8回戦一斉対局がありました。
7戦全勝の羽生善治三冠は深浦康市九段に敗れ連勝ストップ。しかし、2敗の渡辺明二冠が三浦弘行九段に敗れたため羽生三冠の挑戦が決まりました。

羽生善治三冠(7勝1敗)●-○深浦康市九段(5勝3敗)
羽生深浦戦は羽生三冠が先手で矢倉。▲4六銀・3七桂の後手8五歩型に先手が▲9六歩受ける形に進みました。
20140205羽生深浦1
桂香交換になった後、先手は▲2六桂~▲1七香打と端に勢力を集中させましたが、△3一玉とかわされて攻めが続かず。逆に後手の8筋、9筋からの攻めが厳しく深浦九段が優勢になりました。116手で深浦九段の快勝。深浦九段はA級5期目にして初めての勝ち越しです。おめでとうございます!
羽生深浦戦の終局は22時32分。5局の中で最も早い終局でした。

渡辺明 二冠(5勝3敗)●-○三浦弘行九段(3勝5敗)
羽生さんが敗れたことで2敗の渡辺二冠にもチャンスが巡ってきたのですが・・・、結果は三浦九段の勝ち。
戦型は渡辺二冠が先手で横歩取り。先日の棋王戦第1局も横歩取りの名局でしたが、この将棋も大熱戦となりました。最後まで難解な終盤戦でしたが、三浦九段が逃げ切って勝ち。三浦さんの終盤の強さ、底力を感じた将棋でした。
渡辺さんは今年も挑戦ならず。三浦九段は残留へ向けて大きな1勝を挙げました。

その他の結果は以下の通りです。
久保利明九段(4勝4敗)○-●郷田真隆九段(3勝5敗)
谷川浩司九段(1勝7敗)●-○行方尚史八段(5勝3敗)
屋敷伸之九段(3勝5敗)●-○佐藤康光九段(4勝4敗)


谷川九段は既に降級が決定。久保、三浦、郷田、屋敷の4人に降級の可能性が残っています。
最終局久保vs三浦の直接対決が組まれていて、勝者は残留。敗者は屋敷、郷田が共に勝った場合に降級となります。
郷田九段は最終局羽生三冠戦で勝てば残留。敗れて屋敷九段勝ちの場合降級となります(屋敷負けなら残留)。
屋敷九段は最終局勝てば残留。敗れると降級です。
ちょっとややこしいですが、4人とも「勝てば残留」なのである意味わかりやすいのかな。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/06 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)
何度目?
九度目の両者の名人戦ですが、 七大タイトル戦では何度目でしょうか?

大山vs升田、 大山vs中原、 中原vs米長、 谷川vs羽生、 羽生vs佐藤康のカードは20回を超えていると思うのですが…
[ 2014/02/06 10:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL