スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39期棋王戦第2局 ゴキ中超急戦

棋王戦中継plus: *第39期棋王戦五番勝負第2局
棋譜→2014年2月22日 第39期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段

渡辺明棋王の先勝で迎えた第2局。戦型はまたしても渡辺棋王のゴキゲン中飛車でした!
直近2局、ゴキ中で佐藤、羽生に連敗しているにもかかわらず再度チャレンジする。渡辺さんの本気を感じますね。

対して居飛車の作戦は▲5八金右超急戦でした。これも三浦九段らしい選択だなと思います。かつて行方八段が三浦九段を「狭い局面、局地戦で異常に力を発揮する」と評していましたが、この超急戦は狭い局面になりやすく三浦さんの得意とするところでしょう。

20140222渡辺三浦1
▲1一龍(21手目)までは定跡手順。そこで△7二玉が少し珍しい手のようです。三浦九段は▲6三桂成と飛び込んで以下△同玉▲1八角△5四歩▲6六香△7二玉▲2二歩・・・と進みました。先手は2枚のと金で攻める方針ですが、このと金が間に合うのかどうか。

20140222渡辺三浦2
△8二玉(38手目)が価値の大きい一手でした。6三に香車は成れますが、そこで△6一香が幸便。▲5二成香と金は取れますが香車が先手陣の6七の地点に直射してきます。形勢は後手が優勢になりました

そこで三浦九段は▲4九玉と早逃げして粘りますが、△2八歩~△3五桂で逃げ道を封鎖。
さらに△2七歩で1八の角と2九の龍を抑え込まれて辛い格好になりました。

78手で渡辺棋王の勝ち。終わってみれば圧勝でした。三浦九段としてはと金攻めが上手くいかなかったのが誤算だったかもしれません。

これで渡辺棋王が2連勝。防衛に大きく近づきました。第3局は3月16日に行われます。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 00:12 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL