スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯準々決勝 屋敷伸之vs大石直嗣

3回戦で羽生善治三冠を破った大石直嗣六段とA級の屋敷伸之九段の対戦。
解説は豊島七段でした。両対局者の印象を聞かれて「(屋敷九段は)序盤中盤終盤、隙がない」「(大石六段は)駒が躍動する将棋」と答えてましたね。まさか豊島さんがあのネタを入れてくるとはw・・・思わず笑ってしまいました。

将棋は大石六段が後手で得意のダイレクト向かい飛車を採用しました。3回戦の対羽生戦もこのダイレクト向かい飛車で白星を挙げています。対して屋敷九段の作戦は6五角を打たずに▲3七銀から▲4六銀を急ぐ指し方でした。この先手の指し方は手詰まりになりやすいので少ない、と豊島七段。

先手は▲7五歩から玉頭位取り、後手は銀冠に組み替えます。後手が△4五桂(46手目)と跳ねて戦いが始まりました。
以下▲4五同桂△同歩▲同銀に△4一飛が気づきにくい好手でした。
20140223屋敷大石1
△4一飛は次に△5二金と寄って銀取りと4七飛成を狙っています。そこで屋敷九段は▲3四銀と出て△5二金▲4八金と受けましたが、豊島説の▲2七飛△5二金▲4六歩と受けるほうが良かったか。大石六段も感想戦でこのほうが嫌だったと言ってましたね。

20140223屋敷大石2
本譜は△5六桂~△4九角以下飛車を成り込むことに成功し後手が優勢になりました。先手は2九に自陣角を打って勝負しますが、△4七歩~△4八成桂で角と飛車の利きを遮断されてかなり辛い格好に。

それでも先手は玉頭に嫌味をつけて勝負形に持ち込みますが、後手に冷静に対処されてあと一歩及ばず。102手で大石六段の勝ちとなりました。

これで大石六段はA級棋士3人(行方、羽生、屋敷)を倒してベスト4進出。準決勝は、優勝経験のある実力者丸山忠久九段との対戦です。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 23:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL