スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B級2組順位戦7回戦

昨日のB級2組順位戦
結果は以下のようになった。

野月七段(5勝2敗)○-●土佐七段(2勝5敗)
橋本七段(2勝5敗)●-○島九段(5勝2敗)
飯塚七段(4勝3敗)●-○中村修九段(6勝1敗)
窪田六段(3勝4敗)○-●佐藤七段(3勝4敗)
阿久津七段(5勝2敗)○-●神谷七段(3勝4敗)
内藤 九段(2勝5敗)○-●桐山九段(3勝4敗)
北浜七段(4勝3敗)○-●畠山成幸七段(3勝4敗)
青野九段(2勝5敗)●-○先崎八段(4勝3敗)
南 九段(3勝4敗)●-○田中寅九段(3勝4敗)
安用寺六段(3勝4敗)○-●森下九段(4勝3敗)
中田宏樹八段(5勝2敗)○-●森 九段(2勝5敗)
泉 七段(3勝4敗)●-○中川七段(5勝2敗)

王将2期の実績を持つ中村九段がただ一人一敗をキープ。このまま昇級を勝ち取りそうな勢いだ。

私が開幕前に昇級候補筆頭に挙げていた森下九段は3敗に後退。
▲安用寺-△森下戦は安用寺六段のノーマル三間飛車に森下九段の左美濃→銀冠
森下の左美濃といえば有名で、藤井システム登場以前はかなりの勝ち星を稼いでいたようだ。
「森下の振り飛車破り」という有名な自戦記集があって、図書館で借りて読んだことがあるのだが非常に
参考になった。対振り飛車穴熊の「森下流銀冠」は私も参考にして実戦で使わせていただいている。

将棋は森下さんが穴熊に組み替えてから3筋の位を取った。これに安用寺六段は浮き飛車の横利きを通し
玉頭戦に備える。厚みと厚みの戦いとなった。
いつの間にか、森下さんの駒台には歩が5枚、6枚・・・。一方安用寺のほうは歩が切れそうな展開。
森下が巧く指しているように見えたが、香車をただで取られるといううっかり・・・
これで差がついてしまった。
安用寺プロの粘り強い指し回しが非常に参考になった一局だった。

2敗勢では、順位の良い島九段が勝って昇級争い現時点で2番手。相手の橋本さんの不調が気になるが、
まぁ今はSHOGI-BAR頑張ってほしいし、来期気持ちを新たにして上を目指してほしいところ。
島さんといえば、かつては「将棋界のスポークスマン」として、テレビ出演、普及、執筆をこなしながらA級を長く守った御方。やはり底力というか鍛えが違うなぁと思う。

個人的に昇級候補の1人に挙げていた中田八段も2敗をキープ。
次の森下戦は大事な一番になるだろう。最後まで崩れずにいってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/12 20:35 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL