FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯準決勝 郷田真隆vs西川和宏

波乱が続いた今期のNHK杯。タイトルホルダー3人(森内、羽生、渡辺)は既に姿を消している。ベスト4に残ったのは郷田真隆九段、丸山忠久九段、西川和宏四段、大石直嗣六段の4人。羽生世代の常連(郷田、丸山)対関西若手(大石、西川)という構図になった。

そして今日は郷田九段と西川四段の対戦。西川四段は振り飛車党で1回戦から準々決勝までの4局全て振り飛車で勝ち上がってきている。本局も先手番でノーマル三間飛車を採用した。西川四段は最近では珍しく角道を止める振り飛車を指すことが多く、準々決勝の村山六段戦もノーマル三間だった。

後手の郷田九段は居飛車穴熊。これを見て先手は石田流に組み替えた。石田流対△6三銀型居飛穴のよくありそうな将棋だが、▲5九角と引いたまま▲7四歩と仕掛けていったのが先手の工夫だろうか。

20140302西川郷田1
先手が▲7五歩(39手目)と歩を合わせたのに対し郷田九段は長考の末△6三銀と引いて辛抱する。△7五同歩▲同飛△6六角とは出られなかったということか。しかし、これは一度引いた銀を引くのでちょっと辛い。後手が作戦負け気味の序盤となった。

先手も飛車が狭いのでゆっくりはしていられない。6筋を突き捨ててから▲2六角と出て△4二金と受けさせてから▲3七桂~▲4五桂と跳ねていく。さらにもう一枚の桂馬も跳ねて5三の地点を強襲したが、ちょっと無理攻めだったか。
20140302西川郷田2

20140302西川郷田3
後手の穴熊に▲3二金(71手目)と貼りついたが、△5五角▲4七金の交換を入れてから△5二飛打。この自陣飛車で先手の攻めは切れ模様になっている。以下西川四段が駒損しながらも攻めを繋げようとしたものの、郷田九段に丁寧に受け切られてしまった。

128手で郷田九段の勝ち。序盤は西川四段ペースだったと思いましたが、▲6五桂のあたりでもう少し上手い攻め方がなかったかというところでしょうか。郷田九段の受けの強さが光った将棋でした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/03 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL