スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期A級順位戦最終局

8回戦までに羽生三冠の挑戦と谷川九段の降級が決まったA級。この日の注目は残り1人の降級者が誰になるかだった。

対局前の時点で降級の可能性を残していたのは4勝4敗の久保九段と3勝5敗の三浦九段、郷田九段、屋敷九段の4人だった。

▲三浦九段-△久保九段戦は残留争いの直接対決。屋敷、郷田が共に勝った場合、この対局の敗者は降級となる。
戦型は久保九段のゴキゲン中飛車対先手の「超速」となった。42手目までは前例のある形。そこで三浦九段が▲5五銀と新手を出した。

郷田九段は既に挑戦を決めている羽生三冠(7勝1敗)との対戦。自身が敗れ、屋敷九段が勝つと降級となる。郷田九段が先手で角換わりになった。後手の専守防衛型に先手が▲6七金右(41手目)と上がる形に進んだ。

屋敷九段は5勝3敗の行方八段との対戦だった。戦型は屋敷九段が後手で横歩取り△5二玉・8四飛型。△2四飛のぶつけに前例では▲2五歩と飛車交換を拒否していたが、行方八段は▲3三角成△同銀▲2四飛と応じて飛角総交換の激しい順に進んだ。
20140307行方屋敷
互いに敵陣に飛車を打ち込んで竜を作ったが、▲3九金~▲2九金打とガッチリ受けて先手が優勢になった。73手で行方八段の快勝。敗れた屋敷九段は3勝6敗で降級となった。この将棋が5局の中で一番早い終局で降級争いは呆気なく決まってしまった。

▲郷田△羽生戦はねじり合いが続いたが先手が攻めあぐねて、形勢は徐々に後手に傾いた。△8六桂の反撃が厳しく羽生三冠が勝勢に。118手で羽生三冠の勝ちとなった。敗れた郷田九段は3勝6敗となったが、屋敷九段も敗れたため辛くも残留。

最後まで残ったのが▲三浦△久保戦だった。屋敷九段が敗れた時点でこの2人は残留が決まったわけだが、対局者はそれを知る由もない。中盤の長いねじり合いを経て三浦九段のほうが優勢になったが、久保九段もしぶとく粘って盛り返す。一時は後手に勝ちがありそうな局面もあった。しかし後手にもミスが出て200手超えの大熱戦になった。
20140307三浦久保1
最後は相入玉含みの展開に。まず後手が上部脱出を図ったが、先手に押し戻されて入玉を阻まれてしまう。一方、先手玉は上部に逃げ切って三浦九段がはっきり勝ちになった。久保九段は最後まで執念の粘りを見せたが271手▲1八歩を見てついに投了。終局は午前2時!本当に長い一日でした。
20140307三浦久保2

それにしても凄い将棋、これぞ人間同士の将棋という戦いでした。順位戦の重みをひしひしと感じた一局でした。対局者のお2人、関係者の皆さんお疲れ様でした。

最後に対局結果をまとめておきます。
行方 尚史八段(6勝3敗)○-●屋敷 伸之九段(3勝6敗=降級)
郷田 真隆九段(3勝6敗)●-○羽生 善治三冠(8勝1敗)
深浦 康市九段(5勝4敗)●-○谷川 浩司九段(2勝7敗=降級)
佐藤 康光九段(5勝4敗)○-●渡辺 明二冠(5勝4敗)
三浦 弘行九段(4勝5敗)○-●久保 利明九段(4勝5敗)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/08 19:20 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL