スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯準決勝 大石直嗣六段vs丸山忠久九段

今期NHK杯でA級棋士3人(行方八段、羽生三冠、屋敷九段)を破ってきた大石直嗣六段と優勝経験者の丸山忠久九段の対戦。解説は大石六段の兄弟子、片上大輔六段だった。

大石六段が先手で▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成の出だしから一手損角換わり。序盤の駆け引きを経て、なんと相振り飛車になった。先手は端の位を取ってから▲3八銀~▲2七銀~▲8八飛と陽動振り飛車。これを見て後手も△2二飛と振った。あまり見たことのない相振り、おそらく前例はないだろう。先手は端の位を生かすために飛車を振って右に囲ったが、銀冠は向かい飛車に対して当たりが強い。ただし、後手も△6三銀型なので堅くは囲えない。

まず後手が3筋から動いた。歩を取り込んでから3四に歩を打って△3五銀を狙う。ただ、すぐ銀をぶつけても▲3七金と引かれて続かない。そこで3六の金に狙いをつけて△6九角(46手目)と打った。
20140309大石丸山1
以下▲7五歩△3六角成▲同銀△2六飛▲2七金△2二飛▲2六歩△3五金(54手目)と進んだ。
20140309大石丸山2
△3五金はちょっと見えにくい手だが意外と受けにくく先手が困った。▲同銀は△同銀で次に2六銀がある。そこで大石六段は3六の銀を3三の桂と交換するひねった受け方をみせたが、後手の攻めは途切れず丸山九段が優勢になった。

先手は受けが難しいので8筋での攻め合いに転換したが、歩切れで攻めが続かず。以下丸山九段がそのまま優位を拡大し104手で快勝。

ここまで快進撃をみせてきた大石六段だが、本局は力を出せないまま終わってしまった。△6九角一発で潰された感じの将棋だった。

丸山九段は優勝した第55回(2005年度)以来8年ぶりの決勝進出となった。相手は同世代のライバル郷田九段。決勝戦は再来週3月23日に放映される。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/10 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL