スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39期棋王戦第3局 渡辺棋王防衛

最近多忙で将棋の感想をちゃんと書けていません。土曜日は電王戦第1局でしたが、リアルタイムでは観戦できずモバイルでさらっと並べただけ。第2局のレギュレーションをめぐってゴタゴタが起きているようですが、それも詳しく把握していない状況です。
今日はとりあえず、昨日決着した棋王戦のことを書こうと思います。

棋譜→第39期棋王戦五番勝負 第3局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段
渡辺棋王の2連勝で迎えた第3局、戦型は渡辺先手で横歩取りになりました。後手の△5二玉・8四飛に先手は▲6八玉型を選択しました。▲3五歩突いて△8五飛と引くところまでは定跡。そこで▲3七銀が渡辺棋王の用意してきた新手でした。▲5八玉型なら前例がある形ですが、▲6八玉型ならどうかという将棋。
20140316渡辺三浦1

中盤は後手が攻め続ける展開になりましたが、先手に余されてしまいました。急所の▲1六角(61手目)~▲4四桂が突き刺さって先手が優勢になりました。ただ、感想コメントによると△5一銀(68手目)で△5一飛と受けていれば難しかったようです。
20140316渡辺三浦2
本譜は5七の馬の利きをずらす▲7九金(73手目)が決め手で、△同馬に▲8三歩以下後手玉は即詰み。
85手で渡辺棋王の勝ちとなりました。

これで渡辺棋王は3連勝で棋王初防衛を果たしました。昨年、自身初の三冠を達成した渡辺棋王でしたが、今年度(2013年度)は棋聖挑戦失敗、竜王失冠、勝率は5割そこそこと不本意な一年でした。まだ王将戦は残っていますが、とりあえず1つ防衛して最低限のノルマは達成したという感じでしょうか。残り1つ王将も防衛して来期につなげたいところです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/17 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL