スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回電王戦第2局 やねうら王vs佐藤紳哉六段

やねうら王が先手で初手▲1六歩!△3四歩▲7六歩△8四歩▲1五歩と早々に端を突き越す出だしでした。角交換系の将棋になる可能性もありましたが、先手は角道を止めて普通の四間飛車に。対して後手は居飛車穴熊に組んで、ノーマル四間飛車美濃対居飛車穴熊のよくありそうな将棋に進みました。

20140322やね佐藤1
▲4七金に△8六歩(38手目)▲同角△7五歩と仕掛けて戦いが始まりました。対して先手は2五に桂を跳ねて端に成り捨て。このあたりは先手がちょっと無理気味な感じもしましたが。

桂損してから先手は6筋で動いてきました。まず▲6四歩の突き捨て。これに△同歩と取ったのはどうだったか。継ぎ歩からの垂れ歩が受けにくい。
20140322やね佐藤2
紳哉六段は△8三飛と浮いて受けましたが▲7三歩成△同飛▲6五飛△7八飛成▲6三歩成・・・。このと金が大きく、先手が良くなったと思います。ニコ生に表示されているツツカナの評価値も先手に傾きました。

後手は△1六桂から勝負しにいきます。以下▲3七玉に△6四歩▲同角△6三香がありました。
20140322やね佐藤3
やねうら王は当初△6三香に角が成れる(▲3一角成)と読んでいたようですが、読み進めていくうちに評価値が下がっていったため▲2五飛と角を取らせる順に予定変更しました。しかし、これなら△6四歩に単に▲2五飛と逃げたほうが良かったはずです。一連の応酬で形勢は縮まり、居飛車もやれそうに見えました。

しかし、冷静に見ると先手が残していたようです。持ち時間を十分に残していたやねうら王が優位を拡大しそのまま勝ち切りました。

これで人間側が2連敗。第1局、第2局とも人間が普通に戦って普通に力負けしているという印象です。何かもっと工夫しないと勝てないくらいコンピュータは強くなっています。

第3局は豊島七段とYSSの対戦です。豊島七段が負けると負け越しが決まってしまうのでなんとか頑張ってほしいですね。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/23 08:00 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL