スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯決勝 郷田真隆vs丸山忠久

タイトルホルダー、A級棋士が次々と敗れる波乱の大会となった今期のNHK杯だが、最後に残ったのは「羽生世代」の2人だった。丸山九段は優勝した第55回以来8年ぶりの決勝進出。対する郷田九段は第49回(1999年度)以来14年ぶりの決勝進出で初優勝を目指す。

この2人の過去の対戦成績は丸山30勝、郷田16勝と丸山九段が大きく勝ち越している。丸山郷田戦は丸山先手だと角換わりになることが多く、9割近くが角換わり。郷田は丸山の角換わりに何度も苦しめられながら、それでも毎回角換わりを受け続けてきた。本局も丸山九段が先手になった時点で角換わりを予想した人が多かっただろう。しかし、その予想は外れて戦型は横歩取りになった。

先手の指し方は3四の飛車を引かずに▲3六歩を突く「青野流」。対して後手は△4一玉型の中原囲いに構える。最近の対青野流は△5二玉型が多く本局の△4一玉型は古い指し方だ。

▲4五桂(27手目)まではおそらく前例があるはず。そこで郷田九段は長考の末、角を逃げずに△3七歩!と叩いた。
20140323丸山郷田1
解説の森内名人曰く「私のデータでは新手」とのこと。後手の狙いは3七同銀に角を交換して△5五角。この受け方が色々あって難しい。
20140323丸山郷田2
本譜は▲7七角(33手目)だったが、▲8七歩や▲9七角もあった。▲7七角以下△7六飛▲8四飛△3七角成▲8一飛成△7五飛と進んだ。先手は銀取りを受けずに▲8四飛と回ったが、△7五飛と1つ浮く手をウッカリしていたようだ。4五の桂取りが受からず郷田九段が優勢になった。
20140323丸山郷田3

そこから丸山九段も上手く粘ったが、最後まで差は縮まらず形を作るのがやっとだった。82手で郷田九段の完勝に終わった。

勝った郷田九段は43歳にして初のNHK杯優勝。今年度の郷田九段は3棋戦(棋聖、竜王、王座)で挑戦者決定戦に進出したが、いずれも敗退。あと一歩タイトル・優勝に手が届かないシーズンだった。最後にNHK杯を獲れて良かったですね。

郷田九段優勝おめでとうございます!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/24 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL