スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回電王戦第5局 屋敷九段敗れる

屋敷九段が先手で初手▲2六歩△8四歩の出だしから相掛かりかと思いきや、横歩取りになりました。ちょっと変わった出だしでしたが戦型を横歩取りに限定させるための手順だったようです。対するponanzaは中住まいでなく△6二玉!
形は違いますが第3局豊島-YSS戦でもこの△6二玉が出てきました。

これを見て屋敷九段は▲3六歩~▲3七桂の青野流。このあたりは屋敷九段の事前研究どおり進んでいるような印象を受けたのですが、そう簡単にはいきませんでした。

20140412屋敷ponanza3
飛車交換になったところでは形勢互角になっています。
20140412屋敷ponanza1
その後、ponanzaが△1六香から先手の角を詰ましにいったのですが、この一連の手順は評判が良くなかった。というのも成香と金が僻地で遊んでしまう可能性があるからです。この手順をみて解説の渡辺二冠は「観戦記者の方に△1六香を聞かれたら、そんなところに香車を使うのは良くありませんと答えてしまう手ですよ。これが良い手だとしたら相当強い」というコメントを残しています。私もこの手順には違和感を持ったのですが、GPS将棋の評価値は後手持ち。結果的にはCOMの形勢判断どおりに進みました。

20140412屋敷ponanza2
あの成香が6九まで大移動して寄せに働く展開に。

終盤は先手玉の入玉の可能性もあったのですが、▲8一成香が最後の敗着。△8三歩(104手目)と突かれて万事休しました。
20140412屋敷ponanza4
どうやら屋敷九段はこの△8三歩を軽視していたようです。以下は後手勝勢となって130手でponanzaの勝ちとなりました。

これで今期電王戦はプロ側の1勝4敗、2年続けての負け越しとなりました。今回はルール改正があって前評判ではプロ棋士有利の声が多かったと思いますが、結果は昨年と同じく1勝しかできませんでした。内容的には熱戦の面白い将棋が多かったと思いますが、熱戦、ねじり合いになるとコンピュータが勝つんですよね。勝つとしたら阿部光瑠-習甦戦や豊島YSS戦のように短手数で決めるしかないのかもしれません。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/13 06:33 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL