スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棋王戦は佐藤康光九段が挑戦者に

本日、棋王戦の挑戦者決定戦が行われ、前棋王の佐藤康光九段が山崎隆之七段を破って挑戦者に決まった。
これで棋王戦は2年連続で久保佐藤の対決となる

第35期棋王戦中継サイト

戦型は後手山崎七段の一手損角換わりに先手佐藤九段が早繰り銀で対抗する、最近よくある形となった。
先手佐藤は▲3四歩-▲3五銀でおさえこむ形を選択、後手は2二の銀をどう使うかがポイントとなる将棋となったが
この銀を上手く使うことができず、窮屈な形を強いられる展開となった。

悪形を気にせず、中終盤で妖しい手を繰り出して逆転する将棋の多い山崎七段の将棋だが、
流石に佐藤九段は終始冷静な指し回しでリードを広げる。
山崎七段は最後一手違いにするのがやっとで、終始良いところを出せずに敗れた。

順位戦では全敗と不調の佐藤九段だが、まだまだ力は落ちていないことを感じさせる今日の将棋だった。
ここ2~3ヶ月は調子を取り戻してきているので、五番勝負もかなり期待できると思う。
ただそれ以上に充実しているのが久保棋王。今期28勝10敗、7割を超える好勝率。タイトルを取ったことで一皮むけた感じがする。通算の対戦成績は負け越しているが、最近はほぼ互角で対羽生のような苦手意識は無いだろう。

五番勝負は久保棋王が3-2で防衛と予想する。久保棋王の不安材料は王将戦と同時並行で行われることによる過密スケジュールか。そこを乗り越えれば良い結果が出るのではないか。
戦型はごきげん中飛車メインで、石田流、今期NHK杯で見せた藤井システム風の三間飛車、、、etc.
対抗形になる可能性が高いだろう。個人的には佐藤九段がどんな構想を見せるのか楽しみにしている。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/22 22:58 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL