スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯 三浦弘行vs佐藤康光

今年最後のNHK杯は三浦弘行vs佐藤康光のA級対決だった。

今朝は10時半すぎに起きて寝ぼけ眼をこすりながらテレビを見ると、佐藤さんの9筋の端が2つ突いている。
また変な振り飛車やってるな~と思いながら、テレビを見始めた。

戦型は角交換振飛車。後手佐藤が一手損角換わりから、一度飛車を4筋に置いてから、向飛車に振り直す
その後、お互いに角を打ちあって、1図

satomiura

後手は序盤早々自ら角を交換して手損している。その上に端に2手かけている。
これに対して先手は後手の手損を咎めるべく3七銀から4六銀と急戦に出た。
後手としては、手損はしているが、立ち遅れているのが4一の金なので▲3五歩からの急戦には逆に有利になる変化もある。また角が睨み合っているので交換して△6四角の反撃もあるのでそれほど怖くない
▲3五歩以外のじっくりした展開になれば△9五歩型が生きるという考えだったのだろう。


ここで三浦八段は▲3五歩ではなく▲5五銀!
狙いは次に▲3七桂から▲4五桂、このとき角の逃げ場所が難しい。
結果的に本譜はこの▲5五銀からの構想が上手くいった。

後手は△3二金~△1二飛として角の逃げ場所を作ったが、飛車の位置が窮屈で素人目には気持ち悪い形。
佐藤九段は端から手を作れると思っていたそうだが、三浦がじっと▲1六歩から▲2六飛と浮いたことで完全におさえこまれる展開となってしまった。

解説の先崎八段は早々と先手優勢を断言。
素人目に見ても後手が悪く見えた。その後も三浦は冷静な指し回しでリードを広げ、最後は巧く後手玉を仕留めた。佐藤からすれば終始見せ場を作ることができず、残念な1局となってしまった。

今日の解説は先ちゃんこと先崎学八段だったが、
先崎さんはかつて公開対局のJT日本シリーズで康光さん相手に2手目△9四歩の奇襲を仕掛けたことがある。
その時のことを先崎さんは文藝春秋のエッセイに記している。確か『先崎学の浮いたり沈んだり』に収録されていただろうか、
本が見つからないので、細かいところは間違っているかもしれないが。


先手佐藤、後手が先崎、▲7六歩に△9四歩!会場がどよめき、康光の顔が一瞬ピクッとしたらしい。
3手目▲2六歩に、△9五歩!。会場からはさらにどよめきが、解説の高橋九段が興奮しながら「これは見たことのない将棋になりました。」康光の顔はいつの間にか紅潮していたという。

2001-07-01 JT将棋日本シリーズ 佐藤康光-先崎学(将棋の棋譜データベース)


本譜と似たような出だしで、並べてみるとすごく面白い将棋。

この頃はまだ本格派で、先崎さんの奇襲に激怒していた康光さんですが、
今はもう、後手のこういう作戦はむしろ康光さんがやりそうですよね。
個人的には、佐藤九段の個性的な将棋は好きなのですが、どこでどう変わっちゃったんでしょうか。









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/12/27 23:14 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL