スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読み筋公開対局@将棋倶楽部24

大和証券杯のシステム実験もかねて(?)行われた今回の新企画「読み筋公開対局」

第1回は、里見香奈女流と新四段の阿部健治郎四段の対局。
阿部健治郎四段は、私が期待している若手のうちの1人。前期竜王戦第6局▲羽生-△渡辺戦、急戦矢倉の新手△3三銀は、もともと研究会で阿部三段(当時)が指した手を同じ研究会の渡辺竜王が採用したもので、別名「阿部新手」とも言われる。序盤研究に関しては周囲からも一目置かれているらしい。

さて、お互いに読み筋を公開するという、今までにない企画だったが、
感想から言うと、意外と面白かったと思う。1回目ということもあり、どことなくぎこちないところもあったが、アイデア自体はなかなか有力だと思った。

将棋のほうは、後手里見のゴキゲン中飛車、対する先手の阿部は居飛車で持久戦を選択し、▲居飛車穴熊対△銀冠の対抗形となった。

第1図
satomi24_01

ここで▲3五歩の仕掛けに里見は△5四飛と浮いたが、△同歩があった。▲3四銀が見えるので指しづらい手だが
AbeKenjiro2 > 44手目同歩でわかりませんでした
SatomiKana > 43銀は大丈夫ですか?
AbeKenjiro2 > 34銀は15角かと・・・
SatomiKana > 失礼しました
SatomiKana > 16歩だとどうですか?
AbeKenjiro2 > 39銀が嫌でした
SatomiKana > なるほど
AbeKenjiro2 > 以下15歩と角を取って難解かと思いました


△5四飛に▲2四歩△同歩に▲4八飛と回った手が巧かった。里見は△2五歩として角を使おうとしたが
SatomiKana2 > うまく角が使えればいいのですが...
AbeKenjiro2 > 44歩は15角ですか?
SatomiKana2 > はい
AbeKenjiro2 > 嫌ですね

この後阿部は▲4四歩ではなく▲2八飛と回った。ここの会話は思わず笑ってしまった。
普通の対局ならばちょっと卑怯な感じに見えなくもないが、まぁ練習対局なんでこれはこれで良いと思う。
▲2八飛に△3六銀と打ったが、この銀が遊んでしまい、里見が苦しい展開となってしまった。
結局、阿部がそのままリードを広げ勝ち、里見は一手違いにすることもできず残念な負けとなった。

将棋は最後大差となってしまい、里見自慢の終盤力が発揮できない展開となったが、40手目の△8五歩など良い手もあった。
あとは里見さんがもっと喋ってくれればね(笑)

次回は、24ではstablyのHNで有名な永瀬拓矢四段(本人がブログで公開している)との対局。面白そうな対局になりそう。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/05 23:42 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL