スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

順位戦B級1組11回戦終了

昨日のB級1組順位戦

結果は以下のようになった。

深浦 康市王位(7勝3敗)○-●堀口 一史座七段(2勝9敗)
畠山 鎮七段(3勝7敗)●-○山崎 隆之七段(6勝4敗)
屋敷 伸之九段(5勝6敗)○-●阿部 隆八段(2勝8敗)
行方 尚史八段(6勝4敗)●-○渡辺 明竜王(8勝2敗)
久保 利明棋王(8勝2敗)●-○松尾 歩七段(7勝3敗)
豊川 孝弘七段(4勝6敗)●-○杉本 昌隆七段(3勝7敗)

やはり、最後に昇級争いに残ったのは渡辺、久保、深浦のタイトル保持者3人(+松尾七段)だった。

次の12回戦渡辺-深浦戦は両者とも昇級をかけた大一番となる。特に深浦は4敗となるとかなり厳しくなる。
対戦成績は深浦が大きく勝ち越しているが、
今期久保、行方といった難敵を下し絶好調の渡辺が勝つのではないかと私はみている。
昨日の行方戦も含め、最近の勝ちっぷりをみると、渡辺が負けるイメージが湧かないのだ。

松尾に敗れ、2敗となった久保は残り豊川、行方。対局過多の影響が心配だがどうか。

ダークホースながらぴったりとついている松尾七段も含め、最後まで分からない昇級争いになりそうだ。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/09 21:27 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL