スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯 羽生vs先崎

第一人者羽生善治NHK杯に多芸多才の個性派、先崎学八段が挑んだ今日のNHK杯

羽生先手で戦型は矢倉
▲羽生がいわゆる「藤井流」の矢倉早囲いをみせる。
先崎羽生

ここで後手の先崎は△9四歩と指したが、これがどうも緩手だったようだ。
私も、△9四歩指された瞬間、「あれ、これは早いんじゃない」と違和感を覚えたが、解説の森下卓九段も直ぐ「この手はプラスになったいません」と緩手の烙印を押す。
森下曰く「△9三桂と跳ねる余地を作ったという意味もあるかもしれないが、△9四歩▲7九角に△7四歩(桂馬を7三から使う意味)と指しているのでは、指し手に一貫性がない」とのこと。
この後、終局直前まで森下は序盤の△9四歩のについて何度も言及。森下さんって結構毒舌なんですね。

△9四歩もそうだが、個人的には1図の直前▲2六歩に△5二金右でなく、△7四歩と指していれば早囲いをとがめる急戦を仕掛けられたのではないかと思う。先手としては▲2六歩~▲2五歩があるので急戦はそれほど怖くないというのが「藤井理論」だが、後手は△7四歩で行くぞとみせかけてから△5二金右とじっくり組むほうが良かったのではないか。▲2六歩で先手の早囲いの狙いが見抜けなかったのか、急戦を仕掛けるよりもじっくり組みたいと考えたのか分からないが、本譜の先崎の方針は終始ちぐはぐだったように思う。

この後、後手は7筋の歩を切ってから△6五桂と跳ねて攻めていったが、細い攻めで上手くいかず、その後先手の反撃が決まり、中盤で大差の将棋になってしまった。矢倉戦は序盤の一手一手が重要なのだということを改めて感じた。

先崎さんにとっては不本意な将棋となってしまったが、感想戦は終始和やかな雰囲気だった。羽生さんも、森下さん、先崎さんとは昔からの付き合いということでリラックスしている様子だった。

先崎さんの独創的な序盤を見たかった自分としては内容的にはちょっと残念だった一局
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/17 23:02 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL