スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佐藤康光の力戦振り飛車



 ここ数年、自由奔放な指し回しで注目され、「平成の升田幸三」とも呼ばれる佐藤康光九段。アマのみならずプロからも「理解できない」という声を聞く「佐藤ワールド」を九段自ら解説する定跡書がついに発売された。

もくじ
第1章 1筋位取り力戦振り飛車 講座編
第2章 1筋位取り力戦振り飛車 実戦編
第3章 力戦向かい飛車穴熊 講座編
第4章 力戦向かい飛車穴熊 実戦編


「ガチガチの居飛車党本格派」(by勝又 『最新戦法の話』)と言われていた佐藤九段だが、ここ数年型に嵌らない多彩な戦法を指すことで注目されるようになった。独自の工夫を凝らす彼の将棋は「力戦」という呼ばれ方をすることが多い。実際本書のタイトルにも「力戦」という言葉が使われている。しかし、彼は「力戦」と呼ばれるのが好きではないようだ。本書のまえがきでもそのことに触れている
私は正直、力戦という言葉には抵抗がある。自分なりにしっかりと論理立てて指している意識があるからだ。しかし、あまり前例のない新しい分野であることは間違いない。常に初手より「力の入った戦い」の跡ということで納得する事とする。

この部分を読んだだけで思わずニヤケてしまう。某巨大掲示板では「変態」などという表現もされる佐藤九段の将棋
「力戦」という言葉から、思いつきで指しているとか、マイナスのイメージで捉えられるのが嫌なのだろうか。

さて、本書の内容
第1章では▲7六歩△8四歩▲1六歩△3四歩▲1五歩(※1)のオープニングから先手から手損して角を交換し向かい飛車に振る指し方を解説。
佐藤向かい
第1図で後手が△8六歩▲同歩△同飛と突っかけてきた場合、▲7五角と打って以下乱戦となる。先手飛と銀桂香の3枚換えで駒損だが指せるという有名な「三枚換え定跡」が解説されている。この定跡は非常に難解で、並の棋力のアマチュアには指しこなせないだろう。カバーにあるように、序盤での激しい変化を恐れず少しでも利を得ようという思想に基づいた戦法だといえる。

(※1)で4手目に△8五歩と突いた場合には、▲7七角から角交換されて▲7七桂型の向かい飛車となる。例のどこかで▲8五桂と跳ねる将棋になるが、その場合の狙い筋についても一応解説されている。この向かい飛車に対しては居飛車が△3三角と自陣角を打って7七の桂頭を攻める有力な対策があるが、本書ではそこまでは触れられていない。


第3章~第4章は「力戦向かい飛車穴熊」
角交換型の向かい飛車からお互いに穴熊を目指す将棋を解説している。一般的に相穴熊の将棋は「飛車先の歩が伸びているだけ居飛車がわずかに良い」とされている。しかし、本書で解説する角交換型の力戦向かい飛車の場合、振り飛車側は角道を開けたままなので居飛車が穴熊に組むのをけん制することができる。

rikisenmukai

C図から、居飛車が現代感覚で穴熊に組もうとした場合、居飛車は△4四歩を突く必要がある。そうなると、振り飛車のほうだけ角道が通っているだけ得をしているというわけだ。振り飛車は角のニラミを生かして攻勢を取ることができる。具体的には左銀を5七→4六と繰り出していって、3三の角頭を攻める筋が紹介されている。


この「力戦向かい飛車穴熊」は、1章の「1筋位取り力戦振り飛車」よりは考え方がわかりやすいと思った。他の角交換振り飛車にも応用できるのではないか。


第2章と第4章は実戦編。計8局が収録されている。実戦編のページ数が多いこと(半分以上を占めている)が本書の特徴。講座編で紹介しきれない内容を実戦編で補足するという感じ。個人的には、居飛車側を持ってこの角交換型の「力戦振り飛車」に苦しんでいるので、居飛車側のトップ棋士の対策が参考になった。

全体的に丁寧な解説で良書だと思う。佐藤流「力戦振り飛車」の思想がちょっとだけ理解できたような気がする。
佐藤将棋のファンは買っておいて損のない一冊だと思う。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/01/30 21:44 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL