スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『光速の寄せ』~終盤から逆算して考える~

将棋はどうすれば上達するか

級位者にとって一番難しいのが、中盤から終盤にかけての戦い方だと思う。
「詰将棋マニアだけど指し将棋は全く駄目です」とか「指定局面まではスラスラと指せるんですけどね、これにて良しから分からない・・・」という意見をよく耳にする。私はどちらかといえば後者のタイプ
だ(だった)。定跡本を読むのは好きだし、プロの観戦もよくするので序盤の戦型についてはある程度理解していたが、中終盤での逆転負けが多かった。(今はどちらかといえば序盤のほうが酷いが)

最終盤の詰めはある程度5手詰めぐらいの易しい詰め将棋をこなせば力はつく。
序盤の定跡も、頻出の戦型、好きな戦法の本を読んで真似れば、有段者、プロ
と同じように指せるようになる。

これに対して、中盤から終盤は、駒の損得、速度、自玉の安全度・・・etc様々な要素が複雑にからんでいる。最終盤の詰めのように単純ではないし、序盤のように体系的に説明し、理解できるものでもない。

本書は、将棋の中終盤、特に終盤の戦い方を法則化し説明しようと試みたものである。
第1章で囲いの長所と弱点が説明される。囲いの急所を知ることで、中盤から終盤でどこを目標にするか方針をたてられるようになる。

第2章は囲い崩しの手筋、3章は頻出の詰み筋を解説。ここは何度も読んで暗記しておきたい。
詰み形、詰み筋をたくさん覚えれば覚えるほど、速く寄せられるようになる。

そして第4章は谷川の実戦譜。谷川が中盤から終盤にかけてどのような方針で戦っているかが分かる。この章は一番難しいが、並べながら読むことで、谷川流の中盤から終盤の考え方が漠然とながら
つかむことができるだろう。
王座戦中継の谷川の解説を読んでもわかるが、プロは最終盤の詰み形をイメージし、そこから逆算して寄せの構図を描いている。


とまぁ、偉そうにレビューしてみたが、相変わらず筆者の中終盤の寄せは下手糞だ。
本書も段ボール箱に1ヶ月ぐらいしまっていた(笑)
改めて読み直して勉強しなければ。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/21 23:20 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL