スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棋王戦は久保快勝 

佐藤康光九段(挑戦者)の先勝で迎えた今日の棋王戦第2局。

午後から外出したので、リアルタイムでは観戦できなかったので、今棋譜を確認。
第1図のあたりで、ネット観戦を中断して外出した。
satokubo

先手が▲9八香と上がった瞬間に後手が△2四歩から"逆棒銀"に出た。
本譜の場合、▲9八香-▲8八玉の形が中途半端、終盤に△9九銀と尻から打たれて寄せられる危険性のある形である。「9八香-8四歩の交換は後手の得、ここが仕掛けどころ」と久保さんはみたのだろう。

帰宅してから、第1図以降の進展を確認したが、やはり、▲9八香-▲8八玉の形が祟る展開となってしまった。
△4四角-▲7七桂の交換で先手の玉形はさらに酷い形に。
ただ先手悪形だったとはいえ、途中まではかなり難解な展開だった。それでもしっかりと寄せきった久保棋王の手順が見事だった。

(最近の)佐藤将棋のファンとしては、本譜の構想は面白くいつもながら楽しませてもらった。
ただこういう挑発的な構想は、負けたときに本譜のように酷い形になってしまうのは悩ましいところだ。
また外野から色々と言われるんだろうなぁ。。。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/27 22:41 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL