スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相掛かり棒銀vs△8五飛(NHK杯山崎vs羽生)

一昨日、新刊の『最新の相掛かり戦法』(野月浩貴七段著)を購入。

近年、相掛かりは引き飛車型が登場して定跡が目まぐるしく変わっている。しかし名人戦などの大舞台で登場する割には相掛かりの定跡書は少なく、よく分からない戦型というイメージを持っているアマチュアは多いと思う。本格的な相掛かりの定跡書は10年以上振りのようだ。
一読してみたが、野月さんらしい、分かりやすく丁寧な解説で良書だと感じた。
詳しいレビューは気が向いたら後日改めて記してみたい。




今日のNHK杯、山崎羽生戦は、先手山崎得意の相掛かり引き飛車棒銀、これに後手は△8五飛と浮く最新の対策で応じた。

aigakari_yamasaki1

ここで▲2五銀と出られるのが後手としては気になるが、△3五歩から△3六歩と飛車のコビンを攻めるのだろう。
激しい攻め合いになるが、先手それほどうまくいかないようだ。先手は▲6八銀と自重、後手は△7五歩と先手の角を使いづらくする。これに先手は7五の歩を目標にして銀を繰り出した。

中盤
羽生山崎2
第2図、山崎らしい▲8八金寄り!、普通の人なら思いつかないような手が出た。狙いは7筋に飛車を回っての▲7四歩。確かにこれはまともに食らうと厳しい筋だ。そういえば、山崎は去年のNHK杯羽生戦でも2二金型のまま右玉の飛車を3筋に展開していた。普通の人なら金は7八(3二)に置いておきたいと考えるところだが、山崎さんは形の悪さをあまり気にしない。

羽生さんも意表をつかれたようで、ここで時間を使ったが、▲7八飛に角を切って△6七銀と打ち込んだのが好判断。
△5六銀成から4六の角を取ってその角を8五に打ったのが好手だった。
以下、細かい攻めを巧くつないて羽生の勝ち。最後は大差となったが、後手が羽生でなかったら逆転してもおかしくない将棋。山崎の粘りもしぶとかったが、羽生さんの攻めのつなぎ方が完璧だった。
流石ですねぇ。

最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/02/24)
野月 浩貴

商品詳細を見る



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/28 21:29 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL